pc用画像 スマートフォン用の画像


文字サイズ


お知らせ

理事長ごあいさつ

    医療法人あさだ会は、浅田病院が昭和45年に初代院長浅田成也によって開設され、これまで約50年の歴史を刻みました。平成4年に、私が院長を引き継いで以降約四半世紀にわたり児童思春期の外来及び思春期の入院治療を専門とした臨床経験を蓄積してきました。こうした歴史の上に、平成30年からは病棟を廃止し、同じ場所に、浅田心療クリニックとして、子どもの心の治療と親の支援を専門とすると同時に、成人や高齢者のメンタルヘルスまで幅広く地域のニーズに応える精神医療サービスを提供することを目指す、多機能型の精神科クリニックとして生まれ変わりました。また、令和1年10月からは、広島駅に近い金屋町に、乳幼児、児童、思春期を専門とする、当法人の第2心療クリニック「コモリエ」を開設いたしました。この二つのクリニックに共通する、私たちあさだ会のシンボルマークの「ブナの森」にこめられた理念は、どっしりとしたブナの幹の空に向かう父性と、太い枝から伸びる繊細な梢とさわやかな葉叢の母性による抱えとが響きあう心の森の中で、カウンセリングマインド、つまり、ともに「感じること」「考えること」、そしてそれらを「分かち合うこと」で、無数の命が共棲して奏でる大自然の交響楽のような豊かな、発達や成長という実りを届けたいという願いです。

理事長・浅田心療クリニック院長 浅田 護

クリニックのご案内

    医療法人あさだ会は、広島市内に2ヶ所の心療内科・精神科クリニックを開設しています。当院では、不眠症やうつ病、統合失調症、認知症など幅広いこころの問題や精神疾患、精神的な影響による心身の不調について広く外来診療を行っています。

    特に乳幼児から児童思春期の方の診療に力を入れて参りました。ASD(自閉スペクトラム症)・ADHD(注意欠如多動症)・LD(限局性学習症)などの発達障害や発達特性傾向のあるお子さま、二次的に生じたこころの諸問題、学校不適応(不登校)、家庭生活、家族関係などのご相談に応じ、きめ細やかにサポートいたします。

浅田心療クリニック (ホームページはこちらをクリックしてください)

    広島市安芸区矢野と熊野町の境にあり、豊かな緑に囲まれています。デイケア、訪問看護サービス、就労継続支援(B型)事業所のある多機能型精神科クリニックです。広島市中心部から車で約40分(13km)、呉市内中心部からは約30分(11km)、府中町からは約25分(10km)の距離にあります。JR矢野駅⇔当院は、無料送迎車を運行しておりますので是非ご利用ください。

    昭和45年(1970年)に「浅田病院」として誕生して50年が経過しました。平成30年西日本豪雨被災も乗り越え、これからも地域と共に生き、地域に必要とされる心療内科・精神科クリニックでありたいです。

【電話】082-888-1191(8:30~17:00)

※時間帯予約制です。診察を希望される方は、事前にお電話でのお問い合わせをお願いします。

児童心療内科・思春期心療内科・心療内科・精神科
 
午前 8:30
~12:30
8:30
~12:30
8:30
~12:30
8:30
~12:30
8:30
~12:30
8:30
~12:30
午後 13:30
~17:00
13:30
~17:00
13:30
~17:00
13:30
~17:00
13:30
~17:00
13:30
~17:00
医師 浅田 護 浅田 護
白川 寛夫
浅田 護 浅田 護 浅田 護
白川 寛夫
浅田 護
【院長】浅田 護

【所在地】広島市安芸区矢野町700
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

第2心療クリニック コモリエ(ホームページはこちらをクリック

    令和元年(2019年)に開所しました。広島駅前通りにあり、広島市内や西側からのアクセスがしやすくなりました。乳幼児から、児童思春期、成人期、高齢者、多文化の背景を持つ方々まで幅広く、薬による治療と心理療法的アプローチを提供するクリニックです。乳幼児から、高齢者、多文化の背景を持つ方々まで、ライフサイクルの観点から、柔軟な関わりを提供します。英語での診察も可能です。

【電話】082-261-0070(10:00~13:00、15:00~18:30)

※時間帯予約制です。診察を希望される方は、事前にお電話でのお問い合わせ、もしくはウェブ予約をお願いします。

児童心療内科・思春期心療内科・心療内科・精神科
 
午前 10:00
~13:00
10:00
~13:00
10:00
~13:00
10:00
~13:00
10:00
~13:00
午後 15:00
~19:00
15:00
~19:00
15:00
~19:00
15:00
~19:00
15:00
~19:00
医師 土岐 茂 土岐 茂 土岐 茂 土岐 茂 土岐 茂
【院長】土岐 茂

【所在地】広島市南区金屋町2-15 KDX広島ビル7階
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

当院における新型コロナ感染症予防対策

  心療内科・精神科を含めた医療機関への受診については、自粛要請はされていないものの、受診をすべきかしばらく様子を見るか迷われている方もいらっしゃることでしょう。

  一方で、まったく予想だにしていなかった、先の見えない不安と閉塞感が蔓延する社会状況により、人々には多くのストレスがのしかかり慢性化し、こころのバランスを崩し来院される方が増えてきています。

  子どもたちも、学校が再開してから、急激な生活の変化に、せいいっぱい馴染もうとしている日々に、ご家庭での様子にも影響が出ているという話を耳にすることが増えています。学校全体が異例の事態にどう対応していくか頭を悩ませながらがんばっているところですから、皆が同じように大変であると誤認識されるということも起きています。実際は、負荷の感じ方、許容量、対処力は個人により異なるのですが、個人に目が行き届きにくい現状があるのでしょう。

  このような時期だからこそ、一人ひとりの心身のケアがとても大切な視点となります。新しい生活様式が提唱されていますが、人と人のつながりを薄くしたり、人と社会との接点を減らしたり、生活の喜びを感じにくくさせる、つまり、こころの健康を阻害する可能性があり、その点についても、新しい暮らしを私たちは見つけていかなければなりません。

  当院は心身の健康の維持増進、不安の軽減、予防、治療のための一助となり、地域の人々の安らぎに寄与したい、そう願っております。

《 少しでも安心してご来院いただけますように、当院では以下の感染予防対策を行っています 》

① 完全予約制

  完全予約制で、予約の段階で時間ごとの人数を調整しております。

② アルコール消毒液の設置

  患者様にお使いいただける、手指用のアルコール消毒液を設置しております。お越しの際、ご使用ください。スタッフは、こまめな手洗いを徹底し、感染症予防に努めます。

③ 患者様全員のマスク着用のお願いをしております

  当院は患者様にも原則、全員マスクの着用をお願いしております(感覚過敏、強いこだわりなどにより、マスク着用が難しい場合はご相談ください)。また、スタッフも常時マスクを着用いたします。感染予防対策として、どうぞご理解ご協力よろしくお願いいたします。

④ 換気の徹底(診察室、入口、窓、スタッフ用通用口、スタッフルームなど)

  当院では複数個所の換気を常に継続・徹底をしております。診察室の入り口ドアは常時開放するようにしましたが、人によっては落ち着かないこともあるかもしれません。その場合は閉めることもできますので遠慮なくおっしゃってください。

  当院はメンタルクリニックですから、できるだけ落ち着いた環境での診察を行いたいと考えています。そのため、二つの診察室を並行して使い、診察中は窓を閉め、終わればその都度窓を開け換気をしていますので、ご安心ください。

  なお、体温調整が可能なように、適切な上着などをご持参いただきますようお願いいたします。

⑤ 除菌

  アルコール消毒や次亜塩素酸などを用いてドアノブ、いす、手すり、テーブルや送迎車の除菌を定期的に行うようにしております。

⑥ 受付・薬局のビニールカーテンの設置

  患者様とスタッフの対面する場所に設置し、飛沫感染対策の強化をしております。

⑦ キッズスペース玩具の撤去

  キッズスペースに置いていたぬいぐるみなどは一時的に撤去しました。すべて取り除くと待つ時間が大変であるとの声もあります。残りの玩具は毎日除菌しております。替わりに、DVDを観ることのできるTVを設置しました。保護者様におきましては、お子さまの手洗い、消毒のご協力をお願いいたします。

【発熱、咳などの風邪症状のある方へ】

  咳・発熱・痰などの呼吸器感染が疑われる症状をお持ちの患者様や付き添いの方には、念のため院内に入らないようにお願いしております。ご体調が安定してからのご来院をお願いいたします。

  また、来院の際スタッフが確認することもあります。上記症状が認められた場合は、診察・治療をお受けいただけない場合がございます。何卒ご了承ください。

  再診の方につきましては、必要な治療を継続していただくために、駐車場でお待ちいただき薬をスタッフがお渡しするなど特別配慮を実施中です。感染者・濃厚接触者・呼吸器感染症状のある方は、まずはお電話ください。

  ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

  ご心配の方は下記またはお住まいの地域の保健所(健康福祉事務所)へ連絡していただくようにお願いいたします。

広島県相談窓口:

・広島市 082-241-4566

・呉市 0823-22-5858

・広島市、呉市以外の市町 082-513-2567

診療科目

精神科

 うつ、不安障害、認知症、統合失調症をはじめとするこころの病気(精神疾患)について、精神療法・薬物療法を提供します。

医療法人あさだ会の理念・沿革

理念

【基本理念】

多くの命を育む、やさしくそして豊かで懐の深いブナの森。浅田心療クリニックはブナの森のように心の躓きを持つ患者様を包み込み、育む、心の癒しの場であることを願っています。

【イメージコンセプト】

・ぶなの森の梢越しに空を見上げた構図です。

・豊かで、深く、繊細かつ爽やかでありながら、どっしりとしたぶなの森の懐に抱かれて、多様な無数の命が共棲しています。

・そうしたぶなの森のようなスペースを人と人との間に創出し、様々な視点から「考えること」「感じること」「気付くこと」を分かち合い、共に学び、共に成長しあうことのできるスペースを大事にしたいと考えます。

・そのことが、患者さんご自身の心の中に、やがては豊かなこころのスペースが育っていくことにつながると考えるからです。

【理念】

《 高度な専門性 》

浅田心療クリニックは、思春期青年期精神医療と精神医学リハビリテーションの専門的医療機関として特色ある病院を目指します。

《 コミュニケーション 》

浅田心療クリニックは、カウンセリングやグループ医療等心に触れるコミュニケーション技術を医療サービスの中心に位置付けています。

《 地域に問いかけニーズに応える 》

浅田心療クリニックは、地域に開かれた病院づくりを進めるとともに、地域社会と手をとりあい、患者様の自立した生活に向け、きめこまかく援助します。

《 感度のよいチーム医療・組織 》

浅田心療クリニックの職員は、全員が治療者の一員であり、常に、患者様の心の苦悩やそのサインに耳を傾け、理解し、援助することに努めます。

浅田心療クリニックの職員は、一人一人がより良い医療サービスについて、「感じ」「考える」人であり続けることに努力します。

沿 革

昭和45年11月    「浅田病院」 開設(105床)    初代院長に浅田成也 就任

昭和56年  4月    開放病棟(B病棟)を55床増床し、計157床となる

昭和62年  4月    浅田清子 第2代院長に就任

平成元年  3月    医療法人あさだ会設立 理事長に浅田清子 就任

平成  4年  4月    浅田 護 第3代院長に就任

平成10年  4月    A病棟43床増床新築完成(思春期・急性期・外来)計152床となる

平成10年11月    大規模デイケアセンター開設(50名規模)

平成14年  4月    精神障害者小規模通所授産施設「スペースぶなの森」 開設

平成15年  3月    精神病棟入院基本料Ⅲとなり、病棟別の病床数変更    152床(A病棟54・B病棟46・C病棟52)

平成16年12月    共同住居「初花荘」20世帯開設

平成17年12月    C病棟増改築

平成30年11月    7月西日本豪雨災害により入院病棟閉鎖、浅田心療クリニックに変更

令和元年  10月    広島駅前に第2心療クリニック コモリエ 開設

令和元年11月    就労継続支援(B型)事業所「スペースぶなの森」に、パン工房「ベーカリーやまねこ」 オープン