浅田第2心療クリニック コモリエ

082-261-0700
受付時間:10:00~18:30

文字サイズ

診療科目

〔英語によるご相談〕
 帰国子女や日本滞在中の外国人、多文化の背景を持つ方を対象とした英語による診療も受け付けています。様々な心の病気、悩みに対し、英語での治療を提供いたします。


〔Consultations in English〕 We will treat with children who grow in foreign countries, foreign residents in Japan, and patients with multi-cultural background. We are providing consultations and treatment for various mental illness and sufferings in English.


診療のご案内

当院で診察を行う主な疾患

児童・思春期の心の問題

 思春期は友人や家族と交わりながら、自身を確立する大切な時期です。成人の精神医学とは独立した診療領域としての特殊性が指摘されています。正常な発達と病的な反応の区別も難しい時期です。発達の偏りや成長途上の悩み、不登校、ひきこもりなど気になることがありましたら、気軽にご相談ください。

乳幼児とお母様の心の相談

 色々な発達の問題は乳幼児期から始まると言われ、早期の発見、早期の療育が望ましいことがわかってきています。また、わが子に対する不安や育児の悩みなどは尽きないと思います。当院では母―乳幼児精神療法やペアレントプログラムといった乳幼児とお母様のためのプログラムを準備しています。

うつ病

 気分の落ち込みや興味・関心の喪失、いらいら、眠れない、食べられないなどの多彩な症状を呈する病気です。性格的な問題や生活上の悩み、隠れた躁うつ病の存在など、専門医による診断、治療が望まれます。気になる症状がありましたら、早めに受診をしてみてください。

不安障害(パニック障害、全般性不安障害など)

 生まれつきの性格やストレスなど、色々な原因で、不安感が出現し、パニック状態になることもあります。治療の開始が遅れると、慢性化・重症化したり、うつ病を伴うこともあります。薬物療法と心理療法をバランスよく、組み合わせて、治療を行います。

睡眠障害

 寝つきがわるい。途中で目が覚めるといった夜間の症状と日中の眠気、集中力低下といった症状を認めます。不眠の原因には様々なものがあり、鑑別診断が必要になります。薬のみでなく、生活指導も含めた関りをご提供します。

認知症

 物忘れがある。大切なものを無くす。日付や場所が分からなくなるといった症状が出現します。夜間の不眠や徘徊などを伴うこともあり、着替えや入浴、買い物など、生活面での困難も生じます。

統合失調症

 周囲の目が気になり、意地悪をされているように感じる。誰もいないのに声が聞こえるなど様々な症状が出現します。お薬による治療だけでなく、精神面、生活面でのサポートも一緒に考えます。

アンダーファイブ・カウンセリングサービス(乳幼児家族初期アセスメント)

1)関係性にフォーカスを置いた乳幼児の見立てとカウンセリング

 これまでの多くの乳幼児の発達アセスメントで欠けていると私たちが考えるのは、子どもと家族の関係性にフォーカスをあてた理解と介入です。5才以下であれば、明らかな発達特性があったとしても、あるいは、愛着の問題があったとしても、適切な関わりと働きかけによって、健全な発達と成長の路線に戻すことが、後の年齢に比して容易です。私たちが関係性の理解と介入を重要視するのは、乳幼児は通常考えられるよりはるかに豊かで複雑な心の中の物語を心の深いところで経験しているという事実があるからです。発達特性があれば、確かに、この心の物語は、体質的に安心感や安全感が脅かされやすいので、より不安と恐れに彩られたものになりがちです。発達的に欠けているものを補うという視点だけでは、心の物語は発達することは困難です。私たちは、子どもたちの物語に寄り添いながら、より安心感、安全感に支えられた生き生きとした物語に発展するよう一緒に紡いでいくことが、成長と発達に必須であると考えています。もちろん、こうしたカウンセリング的アセスメントの後に発達のテストも行うこともあります。

2)アンダーファイブ・カウンセリングの実際

 原則として、週1回あるいは2週に1回の面接を行います。医師と臨床心理士が治療スタッフとして面接を進めます。

①初回面接:75分(乳幼児と母または両親)。原則としてはプレイルームにおいて、現在の心配事、その経過、ご両親自身のことを含めて、お聞きするとともに、面接室の中で起きている、子どもと親の関係性、子どもと私たちスタッフとの関係性、我々の介入に対してどのように反応するのか等について観察し、どういう特徴的なコミュニケーションが起きているのかの理解を深めます。面接の最後に、こうした理解を親と共有し、助言をしまた課題について話し合います。

②2回目以降:60分。ケースバイケースですが、親だけとお会いしたり、子供だけと会ったり、あるいは初回と同様に母子あるいは家族全体で面接を続けます。

③この間に、発達テストを行うことがあります。

④4回の乳幼児カウンセリングと、また必要に応じて発達テストの結果を総合した見立てと今後の治療や支援の方法などについて、5回目の面接で、医師と臨床心理士が親にお伝えします。

⑤これらの5回で、ほぼ解決して終了するということもあります。また、アセスメントの結果、当院で継続した子どものカウンセリングや、親ガイダンスを実施することもありますし、児童発達支援、療育などが必要な場合は、適切な機関を紹介します。5回で終了する場合でも、3ヶ月あるいは半年に一度のフォローアップ面接を提供することもできます。

3)料金
・保険診療による料金に加えて以下の予約料が発生します。
・初回セッション75分の場合予約料10000円。
・次回以降60分。予約料8000円。
・フォローアップ面接も、60分で、予約料が8000円。


4)診療時間
・土曜日:午後4時〜 

5)お申し込み
コモリエに電話で予約してください。

診療時間

児童心療内科・思春期心療内科・心療内科・精神科
 
午前 10:00
~13:00
10:00
~13:00
10:00
~13:00
10:00
~13:00
10:00
~13:00
午後 15:00
~19:00
15:00
~19:00
15:00
~19:00
15:00
~19:00
15:00
~19:00
火曜日・日曜日および祝日は休診日です。ご注意ください。


個人情報の取り扱いについて

 当院では、皆様が安心して個人情報をご提供して頂く為に、以下のように定めています。

 個人情報の取得・扱い当院は、皆様から頂く個人情報の利用目的をあらかじめ明確に定め、適法かつ公正な手段により、必要な範囲で個人情報を取得します。頂いた個人情報は治療を行う上で必要な時以外では使用致しません。

〔個人情報の保護対策〕
 個人情報の漏洩や滅失を防止するために、必要かつ適切な安全管理措置を講じています。また、個人情報の安全管理について院内の責任体制を確保するための仕組みを整備しています。

〔個人情報の開示〕
 当院では本人以外に個人情報を原則として開示する事は致しません。

受付

午前診療受付 10:00~13:00
午後診療受付 15:00~18:30
- お休み